和三盆作り 体験とは・・・

200年以上の歴史をもつ和三盆は、主に香川県や徳島県などの四国東部で伝統的に生産されている砂糖の一種。独特の風味を持ち、上品な甘さと細やかな粒子、口どけの良さが自慢の最高級の砂糖です。三盆の名は、『盆の上で砂糖を三度"研ぐ”』という日本で工夫された独自の精糖工程からきたものです。お干菓子を作るうえでとても重要なのが、木型選び。この木型は四国でたった一人の木型職人、伝統工芸士“市原 吉博”さんの手による物で、とても貴重な物となっています。

【所要時間40~50分(2名様より)/団体様も受け付けております!】

 

①木型選び

常備数十個の木型の中から、お好きな木型を4つお選び頂きます。


②木型につめて

ピンク・青・黄色・緑・白の5色から4色お好きな色を選び、木型につめていきます。


③木型から外す

やさしく、やさしく木型をトントンして型から外します。


④盆にのせる

緊張の一瞬!躊躇せずに木型から盆に移します。


⑤出来上がり

同じ工程を4回繰り返して、合計12個のお干菓子を作ります。そして10個はお持ち帰りいただきます。2つはお抹茶と合わせてお召し上がりいただきます。



お問い合わせ・お申込み

所要時間 40 ~ 50分

料金 お一人様 1080円(税込)/ 2名様より ~団体様のご予約も受け付けております。~

お電話の方 TEL:0877-75-3264

メールの方 e-mail:nishikiya@road.ocn.ne.jp